堕胎

人工妊娠中絶とは、人工的な手段を用いて意図的に妊娠を中断させ、胎児を殺してしまう事を指しています。
日本での中絶は実は犯罪行為であり、個人やその知り合いが勝手に対処すれば罰せられます。
妊娠中絶は認可を得ている医師の元で、当人同士の許可が得られた場合にのみ対処が可能な事です。
これは母体保護法と言う法律が制定された事により、合法的に可能となりました。

妊娠中絶と言うと、10代や20代に多いように感じていますが、実は1番中絶手術の件数が多い年齢は40代です。
年齢的にも健康な出産は望めない、育てる気が無いのに妊娠してしまった人が中絶手術を受けに来ています。
現在では中絶手術は安全かつ簡単に出来るような技術が整っていますが、これらの医療技術が無かった時代には力任せに妊婦の腹をけったり、踏みつけたり、水風呂につけたり、屋外に吹きさらしにする事で無理やり堕胎させていました。
その為に、母体ごと死亡してしまう事も少なくありませんでした。
また、劇薬や独創、月経約の大量摂取によって流産を起こす事で中絶手術が行われていました。

現在では産婦人科や婦人科で中絶手術は行われます。
母体を命の危険に晒す事はありませんが、子宮は非常にデリケートな場所である為に婦人科で対処しても何らかの問題が発生する事もあります。
場合によっては婦人科へ入院する事もあり、のちの不妊原因となる事もあります。

中絶手術をする前にピル、ゴムやアフターピルを利用する事で自ら堕胎を防止する事は可能です。
それに、中絶は自由診療の範囲であり、治療費用は高額です。
体調を崩して入院する事になれば、30~50万円かかる事もあります。
金銭的な問題になる前に、必要では無い妊娠をしないように自衛する事が呼びかけられています。

関連リンク

中絶手術は信頼できるクリニックへ「東京の中絶手術クリニック比較一覧」

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし